明日  9月28日(日) 姫路 書写山にて行われる 「虹の輪まつり」に

             コタンとワッカファームで出店します。

 昼12時から15時まで書写山 圓教寺三つの堂周辺にて、出店が並び、革で作ったり、旗を作ったり、マイ箸袋を作ったり、太鼓を叩いたりのワークショップ。

 午後4時からは、LIVE!LIVE!!. 沖縄から「HANAUTA」。
                      東京からシークレットゲスト  ハナレ・・・。

 前売りチケットは売り切れ。晴れの場合は当日券が出るみたいなので尋ねてみよう。

                 itumo 079-295-8819

   12時から15時までは無料なので、ロープウェイと拝観料のみで楽しめますよ。
        秋の休日、山頂でお昼ご飯ってだけでもそれはもうお祭り.
b0118191_168391.jpg


                 山頂サンドイッチ 販売します。
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-27 16:09 | コタンの伝言 | Comments(0)

 家にはいろいろな料理の本がある。料理するとき、家にある野菜で「何にしようかと」本を開くとき、ほとんどこの本を開いてしまう。

 この本は雑誌「自然食通信」。1981年の創刊から1996年の休刊まで、全73号に掲載された野菜料理をすべてピックアップして一冊にまとめたものです。
 読者のみんなから寄せられた料理、共同購入グループなどの機関誌に紹介された料理、土地土地にお住まいの方々に直接教えてもらった料理、さらに編集部でつくり合った料理と、さまざまな料理のレシピが728載っています。
 できるだけ見やすく、わかりやすい本になるように作られた本。手順の写真もなく、分量を記載したレシピはわずかで、今時の料理本に比べると不親切そうに聞こえますが、いざ使ってみると細かい説明がない分、ひと通り把握してさっさとイメージで料理でき、とても見やすい。使いやすい。
 内容も季節の野菜ごとに分かれているので、「ナスでなんか作ろう」と思ったらナスのページを開くといくつかのナスレシピが集まっている。料理も新鮮でおいしい野菜をそのまんま味わえるような昔からの農民シンプルレシピからちょっとハイカラレシピまで、いろいろあって面白い。
 しっかり土と向き合って生活している人や自然食を実践しているの知恵と楽しさが安心させます。
              辞書としての料理本。 大オススメです。
b0118191_1954530.jpg

            おいしいから野菜料理   2100円(税込)
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-24 19:54 | 書籍 おいしいから野菜料理 | Comments(0)

 

   徳島の神山 楽音楽日のみんなから、毎年喜びの「無農薬 スダチ」届きました。

 何にかけてもおいしくさわやかにいただいています。特に、神山に遊びに行った時に徳島組は当たり前にやっていた「ご飯にスダチをしぼって醤油をかけて食べる。」にハマっています。油の多い焼き魚もさっぱりするし、サラダもさっぱり、焼きそばもさっぱりするでしょ。何にかけるかなんてのは自由。バーリトゥードゥですから。

 毎週金曜にコタンに来ていた旬の生魚。夏の間は魚がよくないのでお休みしていました。サンマが出てきたら再開なのですが、港にサンマは出てても良いのはまだ上がってないらく、取引先の魚屋さんより「よいのじゃないと持っていけませんから」と信用できるお言葉をいただいて、スダチともども準備万端でサンマさんのご来店を首長待ちしておる毎日です。

 奉還町の天然酵母パン屋The MARKETでは、毎年神山からスダチが届くと作る「スダチカード」作っています。スダチの皮をおろし金で削って、果汁をしぼり、卵、砂糖、有塩バターを加えて甘酸っぱいペースト(カード)にします。パンに塗ったりビスケット、ヨーグルトと一緒に。ジャムと同じ使い方ですね。 

 そのほか、コタンでは東粟倉村の天然水にスダチをしぼった 「すだち水」
                  普通の炭酸水にスダチをしぼった 「スダッシュ」
                    ができたりもします。        各250円
 
         ひと時のスダチ期間を楽しみましょう 
b0118191_13124686.jpg

           スダチ 100g  94円(税込)  1kgより15%引き




b0118191_13395292.jpg

          冬の果実  りんご も入荷始まりました
 
       飛騨高山の「福蕨」より自然りんご  まずは「つがる」です。

これから  10月  「秋映え」「レッドゴールド」「シナノスイーツ」「紅玉」
       11月  「むつ」「ふじ」「金星」「王林」「シナノゴールド」「グラニースミス」

                 つがる 一個    338円
 
    
          
                     ~福蕨の紹介~
 
 当園は、全ての作目に共通して、「有機質肥料+減化学合成農薬」を栽培の方針としています。特別の農法の栽培ではありませんが、「一昔前の作り方」に似ています。
 当園の果物は「昔の味」がするとよく言われますが、こうした作り方による色や形、味の果実になっていると思います。

 福蕨では、1975年に有吉佐和子の『小説・複合汚染』を読んで以来、有機質肥料を土づくりの基本とし、また農薬、特に化学合成農薬の使用を減らすよう努力をしてきました。
 桃では、比較的容易に、散布回数を減らすことができました。
 しかし主な作目のりんご栽培において、意図した通りに農薬を減らすことは困難で、現在でも試行錯誤を繰り返しています。
 この数年は、小さな圃場を設け、りんごの超減農薬栽培の挑戦をしています。そこで得られた知見は少なからずあり、今後のりんご栽培に還元していけるよう、検討しています。

          *リンゴ栽培の摘果剤(デナポン)は不使用です。
 

       
      
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-23 13:37 | 店頭速報 ! ! ! | Comments(0)

 この間の休み、宮崎駿監督の最新作「崖の上のポニョ」を映画館に見に行った。
岡山で暮らし始めて4年。おそらく2回目の映画館。久々にいった映画館は岡山メルパ。時間が止まったかのような館内空間(まさに自分が幼少のころいった映画館の環境そのまんま)にまず飛ばされた。映画が始まる合図のビーーッも昔のビーーッだ。わくわくがドブっとあふれる。

 
 いやああ。よかったです。ポニョ。もう感触とか心の表現力が圧倒的で、そこらの実写のドキュメンタリーより人をリアルに感じ、海や自然においては、実際の自然をハイビジョンでリアルに映すようなネイチャープログラムより、自然の質感や性質がリアルに伝わるくらいだ。
 アニメーションの可能性みたいなのを感じた。アニメは無限にファンタジーの世界に飛んでいける道具だけど、その道具の使い方次第で圧倒的な現実描写と表現になるんですね。
            あらためて道具は使い方が大切です。も感じました。

 今回はすべて手書きのアニメーション。その色、動き、光、映像作品としても圧倒なので、この映画は映画館でみるのがいい。今だと夏休みのちびっこはいないのでゆったりと観れるし。400席に15人ぐらいやった。

               「崖の上のポニョ」 素晴らしい仕事です。

b0118191_211655.jpg

[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-21 21:01 | コタンの伝言 | Comments(2)

元気タウンのお菓子。シンプルな原料をシンプルに加工。家庭で作るお母さんのおやつ作りをそのまま工場で。

国内栽培の有機農産物、海外認定のナッツやドライフルーツなど、植物性原料だけで作る焼き菓子。食物アレルギーや動物性の食物を気にする人に…。

同じ植物性原料でも特定原材料(小麦など)を含む製品と含まない製品はそれぞれ製造場所、機械、人も分けコンタミネーションのないように注意をして、一つ一つ手作りしています。

もちろんケミカル処理や添加物は一切使用せず、素材の味を大切にしている。

*コンタミネーション・・・・コンタミネーションとは、食品を生産する際に、原材料として使用していないにもかかわらず、アレルギー物質が微量混入してしまう場合をいう。

小麦製品に使用する主な原材料
小麦粉:青森・岩手産の小麦粉
砂糖:鹿児島の洗双糖(さとうきび由来)
食塩:自然海塩(海の精)
油:菜種油(非遺伝子組み換え)


雑穀製品に使用する主な原材料
雑穀:岩手産(栽培期間中)無農薬のひえ、あわ、国産有機米、有機キヌア、有機アマランサス
砂糖:北海道産てんさい糖(甜菜大根由来)
食塩:自然海塩(海の精)
油:菜種油(非遺伝子組み換え)


                  新入荷商品のお知らせ
b0118191_1172782.jpg

国産有機玄米を使用。薄い塩味に仕立て、玄米の香ばしさを引き立てている。食塩は海の精を使用。
              玄米ポン 5枚入り 263円(税込)
                原材料  有機玄米、食塩



b0118191_1111424.jpg

元気タウンの原材料基準に添って、他工場(コンタミ防止のため)で製造しています。乳、卵を使用しています。使用するものは、国産平飼い卵、国産生乳に限定しています。ほかに国産小麦粉、砂糖は北海道のてんさい糖を使用。 手作りのやさしさ。
   
「おからキューブ」・・・・国産の乾燥おから。生おからに換算して45g配合。
 原材料 小麦粉(国産)、有機パーム油、砂糖、全卵、乾燥おから、食塩、天然酵母   
   
「チーズキューブ」・・・・国産チーズをシュレッドして10%配合。チーズのこんがり焼けた香ばしい香りが広がります
  原材料 小麦粉(国産)、有機パーム油、チーズ、全卵、砂糖、天然酵母、食塩   
   
「ココナッツキューブ」・・有機ココナッツをたっぷり入れてサクサク感いっぱいに仕上げています。
 原材料 小麦粉(国産)、有機パーム油、砂糖、有機ココナッツ、全卵、食塩、天然酵母    
                
                 *使用の天然酵母は白神酵母

                     各 420円(税込)
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-20 11:57 | 元気タウン 安心のお菓子 | Comments(0)

 島根出雲の無添加かまぼこ屋。山陰の味、あご(トビウオ)とイワシのすり身を原材料に造った、魚の栄養満点のスナック菓子です。保存料、リン酸塩、うま味調味料、遺伝子組み換え原料は一切使用せず、天然原料のみを石臼で練り上げています。魚の自然な旨味がよく効いていて、後味の良いサクサクスナックです。
         安心、安全、子供のおやつ。 かんたん、おいしい、酒の肴。
b0118191_20171411.jpg

             とびとびチップス 65g  238円(税込) 
 
 原材料 魚肉(トビウオ、イワシ)、馬鈴薯でんぷん(国産)、菜種油、小麦でんぷん(国産)、砂糖、食塩、魚粉(鯵)、魚醤(イワシ、食塩)、昆布だし、カツオだし

                 *青のり入りもあります。
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-19 20:21 | 無添加 お魚チップス | Comments(0)

      
          お待たせしました。有機グレープフルーツ販売再開です。
 
カリフォルニア産のルビー グレープフルーツです。栽培も有機JAS認証の規定内で行っていることは勿論、輸送の際もポストハーベスト(後の注で説明)を使用せずお店まで届けられたものです。万一、輸送中に虫が来たり、病気、カビがきたりで薬が使用された場合、それらの作物は別の流通に回され、有機作物として流通することはありません。できません。コタンで有機と表示してあるこれらの果物はこの予選を勝ち抜いた強豪たち。
 決勝トーナメントは岡大前のコタンスタジアムで開催しております。手にとって買い物かごに入れてもらうという観客参加型の競技です。お誘い合わせのうえ、積極的にご参加ください。
 
 経験的に有機栽培、自然栽培の果物というのはそうでないものと、味が如実に違う。柑橘類は特に違いが分かる。味の多様性というか総合力というか、糖度だけがやたら高かったり、きれいだけど味がないなどということは少なく、基本的に味が濃い、しっかり太甘い、ちゃんと酸味がある。 力強く生命力があるのがわかります。 なので家で長いこと置いていても通常のものよりずーと長持ちしています。
 このグレープフルーツはとても美味しいですよ。体に果汁が沁みわたります。これを絞っただけのグレープフルーツは、この間までコタンで働いていた聖紅の大好物。「今までのグレープフルーツジュースでダントツ一番。」とかなんとかいって「今日は風邪っぽいから」とかなんとか自分に言い訳しながらよく飲んでいました。 ほんまおいいしいんよ。
b0118191_18111657.jpg

       有機グレープフルーツ  1個   273円(税込)
       有機グレープフルーツジュース  500円(税込)    店頭でシボリマス。



     有機栽培のキウイフルーツも入荷しています。ニュージーランド産です。
甘味も酸味もばっちりで久々においしいキウイをいただきました。フルーツを食べたという満足感を保証します。 半分に割ってスプーンで掘りました。
b0118191_18134331.jpg
 
        有機キウイフルーツ 1個   187円(税込) 大玉です。


            注     「ポストハーベストとは」
 ポストは後、ハーベストは収穫を意味し、収穫後の農産物の品質を保持するために防かび材・防腐材など、農産物に散布する農薬のことをポストハーベストと言います。 栽培中に使われる農薬と違って、収穫の後に直接農作物にかけられるため、農薬が作物に残ってしまう割合が高いのです。
 日本では、ポストハーベストの使用は認められていませんが、他国では農作物の長期保管や輸送中のカビや害虫による品質低下を防ぐために、ポストハーベストの使用が認められているそうです。農薬の中には、発癌性や催奇形性など人体へ影響を与える疑いのある成分も含まれておりその危険性が消費者団体等を中心に指摘されていています。
        
         食の安全性に大きな不安を与える農薬の使用方法です。
 
 身近なポストハーベスト農薬の恐れがあるのは、輸入穀物の小麦、大豆、米、とうもろこし、オレンジ、レモン、バナナなどの果実類、ジャガイモ、カボチャなどの野菜類、ナッツなど、ほとんどの輸入農産物です。できる限り、国産の地元のものを食すことが良いです。
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-18 18:38 | 有機グレープフルーツとキウイ | Comments(0)

   入りました。  高知県高岡郡越知町、北川多代子さんの作るきな粉です。
          
           販売元の高生連の「北川製粉所」紹介記事から

『北川製粉所は、高知県高岡郡越知町にあります。 越知町は高知県三大河川の一つである仁淀川水系の中流域にあり、山間部と平野部との境に位置しています。その関係で昔から山間部から平野部へ、平野部から山間部は向う荷物の物流拠点として発展してきた町です。
 かつて仁淀川上流の山間部で生産された農産物は、この越知町まで下ろされ、集積されたり加工されたりして、都市部へと輸送されていました。都市部からの二次産業製品やその他の製品も、ここで仕分けられ山間部へと運ばれて行ってました。山間部の過疎化が激しい現在も、細々とですがその流れは続いています。
 その中で大正15年創業の北川製粉所は、今も81歳の店主・北川多代子さんが山間部の農家から持ち込まれる、大豆、とうもろこし、コーリャンなどの原料を加工、販売して製粉所を維持しています。 特にこのきな粉は昔ながらの製法(薪を焚いて釜で煎っている。)を守って加工しています。
 高知県にはかつてこのような製粉所が、山と平野部の境の町に点在していました。しかし山間部の激しい過疎化のため次々と消えていっています。
 この昔ながらの製粉所の存在は、山間部に農家にとっては数少ない現金収入が得られる所であり、高知県にとっても貴重な存在であると考えています。』    高生連

               電話で話した北川多代子さん。
「大豆は越知のがあしか使いやあせんきねえ。そこでとれるばあをやりゆうがよ。おおきゅうにこれっぱあつくってぇって言われてもね、ひっとりで細々つくりゆうきねえ、今だしゆうばあしかできんわえ。まあ、とおいとこからありがとうございます。ちっとしかないけんどよろしくお願いします。」

大豆を薪で焚き、昔ながらの石臼を使った手作り製法で作られるきな粉はキナコフリークをうならせました。
b0118191_215395.jpg

             石臼挽き きな粉 130g   158円(税込) 




b0118191_2155354.jpg
 
     北川製粉 そば粉もあります。  そば粉 200g  291円(税込)
   
          注 もちろんそばがきフリークはうなりました。

More
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-17 20:27 | 北川製粉所  きな粉 | Comments(3)

 カモの肉は野鳥の中でも最もおいしいといわれ,日本人は古くから鴨肉を愛好してきました。昔から鴨やその味は、無上のごちそうや快楽,獲物を意味する言葉として伝えられています。
 野鴨の中のマガモを、今から三千年程前に中国やヨーロッパで飼いならし家畜化したのがアヒル(家鴨)です。マガモに比べて大きく,卵をよく産むので、用途に合わせて世界中でさまざまに改良され、各種の料理に用いられてきました。その際、体が大きく重くなり、翼は小さくなったアヒルは数メートルほどしか飛べなくなりました。
 
 私たちに馴染みの深い「鴨南ばん」や「鴨鍋」などの肉も、実は大半が食肉業界で「合鴨」と呼称されてきたアヒルの肉が使われています。本来「合鴨」とはマガモとアヒルをかけ合わせたもの。一般に「鴨肉」と総称される中身は、野生のカモから家畜化したアヒルまでさまざまです。
 その鴨肉のおいしさは、何といっても適度の脂肪とコクのある味わい。しかも肉自体はあっさりしています。これは他の獣肉では得られない特徴です。鴨特有の臭みが気になる場合がありますが、その鴨肉の中でも野生のカモに近いほど匂いが強く、家畜化されたアヒルはもっとも臭いの少ない鴨肉といえるでしょう。もちろん、「臭いのあるほうが、鴨らしくておいしい」と言う人も少なくいます。
 鴨肉の特徴は、牛,豚,鶏肉と比較すると体によいといわれる不飽和脂肪酸やミネラル、ビタミン類が豊富なことが分かっています。 脂肪酸とは脂質を構成する要素の一つで、牛肉、豚肉は飽和脂肪酸が多く、鴨肉は反対に不飽和脂肪酸を多量に含んでいます。
 飽和脂肪酸を過剰に摂ると血液中のコレステロールが上昇する傾向があり、生活習慣病の原因にもなりますが、鴨肉に多い不飽和脂肪酸は植物油に多く含まれているもので、常温で固まらず、血中コレステロール値を低下させる作用があると言われています。とかく悪者扱いの脂肪ですが、鴨肉の場合むしろ積極的に摂りたいぐらいです。
 また、不飽和脂肪酸を多く含むと融点が低く、鶏肉と同様に人の舌の温度で融け始めるので、加熱後、料理が冷めても美味しさが損なわれないと言う特徴もあります。
 こういうことを体で知っていて、昔から食養生の世界では、「鴨肉」は「滋養に富む」食材であるといわれてきたのですね。

 コタンで扱う「アヒル肉」は、岡山邑久町でアヒルを水田に放して無農薬のお米を作っている吉田さんとこのアヒルさん。滋養に富み、コクがあるのにあっさりしているアヒル肉。美味しくいただくための注意点。
                   「油をひかない」
牛や豚,鶏などと比べて、肉にも皮にも不飽和脂肪酸と呼ばれる良質の脂がたくさん含まれています。そのため、炒める場合に脂をひく必要はありません。
                
                「煮すぎない,焼きすぎない」
どんな肉も火を通しすぎると硬くなりますが、鴨肉の場合は特にその傾向があります。鍋に肉を入れたままグツグツ煮るのはよくないです。煮るにしろ焼くにしろ,火がとおったらすぐ食べる。これがおいしさのコツ。

 愛鳥的視点からなのか、これほど良質な家禽が普及していないのが不思議な家鴨肉。
   最後に韓国16世紀の李朝時代の名医・ホジュンが著した「東医宝鑑」より。
                     「野鴨肉」
性質が涼しく毒が無い。補中益気し胃気を均しくする。熱毒風と悪瘡を治療し腹の中の一切の虫を駆除する。陰暦九月以後立春以前に捕ったのが一層からだを補う。家鴨より効能がある野鴨は刀鴨と言い味が好く虚を補う。

b0118191_1543920.jpg

        アヒル肉  100g 467円  一羽での販売となります。
                           一羽 3200円~ 大きさで異なります。

      10羽のみの限定販売です。コタン店内の冷凍庫で冷凍販売となります。
   
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-15 15:02 | 滋養アヒル肉 邑久メリーベリー | Comments(7)

 高知県南国市。斉藤さんがこの地で牧場の開墾を始めたのが、昭和42年。自然を征服することが進歩だと教えられ、時代は大量生産大量消費の世界に飛び込んで行った。斉藤さんはそれは違うんじゃないかと。時代の酪農法、畜舎に牛を閉じこめて飼うことに疑問を持っていました。真理を追究してみたいというご自身の農業観、人生観に突き動かされて、草から牛乳を生産していくという、大変な作業が始まったのです。
 
 『斎藤さんが長年こだわってきた酪農法は、「山地酪農」といいます。これは、まず急勾配の山の斜面を開墾し、そこに日本芝を植えます。日本芝は山の斜面に広がって山を守り、それを牛が餌として食べ、その糞尿がまた芝の栄養となるのです。だから化学肥料もほとんど使用しないし、配合飼料や輸入飼料といったものも必要としません。何より、牛が自分で牧草地の管理をするわけですから、人の手をほとんど必要としない酪農法なんです。
 でもこれって実はとっても効率が悪い。牛の乳量は食べる草によって変わるのですが、山地酪農に欠かせない日本芝では、年間約4,000キロの乳量しか摂れません。畜舎でつながれて飼われている通常の牛の半分に充たないんです。かといって頭数を増やせば、放牧地と草、牛の食べる量のバランスが崩れて、牧草地が荒れてしまう。別に餌を与えてしまうと、牛が山へ行かないからやっぱり牧草地がだめになってしまう。
 だから、余計なものは与えない、余計な手間もかけない。「少量生産でいいんです。儲けるより損をしないことですよ」と斎藤さんは言います。とはいえ、牛らしく、生き生きと暮らす牛たちの生乳はなんともおいしいのです。斎藤さんは、量は少なくても、質にこだわって今も少量生産を続けていらっしゃいます。』
 
 その斉藤牧場で暮らしたホルスタイン牛のお肉。肉牛用に育てられたのではなく、搾乳のための牛。昔よりは、廃牛年齢が若いため、肉質は柔らかくなっていると。噛めば噛むほどしっかり味のする牛肉。朝夕の搾乳時以外、夜も嵐の日もそのほとんどを山で過ごし、食べているものは山の日本芝の牧草という自然にのびのびと生きた牛さん。まさに草が肉となった。

 ある人が言っていた。「牛は地上の生き物ではなく、土中の生き物だ」と。草食で土の表面の草を食べ、その糞で土を肥やし、そこから生えた草を食べる。その循環の中だけに居れる。土中の生態系に属していると。おおらかな土の生物。おーきなおーきなミミズさん。

たまにお肉を食べる人も、よく食べる人もつながりを感じるものをいただけるといいですね
b0118191_194505.jpg

           山地 牛ブロック 400g   1357円(税込)
               牛スライス 200g   692円(税込)
               牛ミンチ   200g   525円(税込)

        牛肉は冷凍販売しています。店内の冷凍庫を開いてください。
[PR]

by okayama_cotan | 2008-09-13 19:43 | 山地酪農の達人 その牛肉 | Comments(0)