「ほっ」と。キャンペーン

 2月2日 土曜日 総社市の山手公民館にて、「六ヶ所村ラプソディー」の映画上映と鎌仲ひとみ監督の講演トークセッションがあります。
b0118191_1551646.jpg


                       作品紹介

 2004年、六ヶ所村に原発で使った燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場が完成した。

この工場の風下には豊かな農業地帯が広がっている。菊川さんは12年前からチューリップ祭りを開催し、再処理計画に反対し、くらしに根ざした運動を実践している。

隣接した村々で農業を営む人々、特に有機や無農薬で安心、安全な作物を作ってきた農家もまたこの計画を止めたいと活動している。

一方、六ヶ所村の漁村、泊では職を失った漁師の雇用問題が深刻だ。村はすでに再処理を受け入れ、経済的にも雇用の面でも必要だという考えが行き渡っている。

2005年、イギリスの再処理工場で事故が起きた。取材で見えてきたのは事故の影響よりも、44年間日常的に放出されてきた放射性物質の行方だった。

圧倒的な力と経済力に、普通の人々はどうやって立ち向かっていけばいいのだろうか。その取り組みを、人々の営みをそしてそれぞれの選択を見つめてゆく。


   日時      2月2日 (土)   13時30分    開場        
                        14時~17時  上映会 トークセッション 

         チケット  当日  1500円  
                前売り 1200円    中学生以下無料

     場所  山手公民館  岡山県総社市岡谷151-1   (駐車場 70台)

    お問い合わせ   菊池 0866-93-5772  
               
           コタンの店頭でも、前売りチケット扱っています。 
b0118191_1554644.jpg

 
   「過去にこの映画を見て」   

 温暖化とか、産廃だとか、普通に生活していても環境に関する情報はたくさん耳に入って来ます。原子力についても事故の報道などで情報が入ってくることもあります。でもそれらはある視点からみた一部の事実だということを理解し、自分で感じ知っていく事が大切だとおもいます。
 自分の生活が現実にさらされないとイメージできにくいこともあるし、生活と離れたところでがむしゃらにイメージしてもまた偏った理解が続く。体験をともなったイメージを育てる。
 この映画は、フラットな視点からのある体験をさせてくれました。
 見て見ぬふり(思考停止)したり、反射的に反対する前に、まずは具体的に知ること。
  知ること。 以前聞いた鎌仲監督の講演はとても冷静で興味深いお話が聞くことができました。 今回また監督もいらっしゃるので土曜日に総社の山手公民館にお越しください。       
                                              ひで
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-30 15:07 | Comments(0)

      見覚えのある方もおられると思います

b0118191_11335658.jpg
こたんマメ岡大前に登場です

奉還町コタン時代に大好評だったコタンまめ

   遂に販売開始です

市販のモノでは出せないフレッシュ感がたまりません。


はかり売りになっているので気軽に声をかけてください
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-30 11:38 | 店頭速報 ! ! ! | Comments(0)

 砂糖は種類がいっぱい。黒糖みたいなクセは無く、使いやすいもので、サトウキビ本来の成分や養分が残り、且、面倒な処理をなるだけせず生産されているもの。それはどんな砂糖だろうと、まずはサトウキビから作られる砂糖に限定していろいろと調べてみた。
 サトウキビから搾られたキビ汁にはその後大きく分けて二つの道が有ります。
一つはそのまま煮つめて、黒糖になる道。もう一つは、キビ汁から遠心力で蜜膜を取り除いた後、結晶化させて粒状の砂糖になる道。さらにこの砂糖は、このあと原料糖として精製糖工場に送られ、まずはその砂糖から上白糖が精製され、それ後グラニュー糖を精製、そしてその残りから三温糖が精製されます。
 こういった過程を知っていくと、熱をくわえ三温糖などに加工されていく前の原料糖と呼ばれる粒状の砂糖がキビ汁本来の成分、ミネラルをより含んでいるシンプルなお砂糖と言えるでしょう。コクがあり、黄金色をしているこのお砂糖。名前を粗糖と申します。
b0118191_17572668.jpg
  
   喜界島の粗糖  100g 70円   甘さというよりコクのある蜜の味が際立つ。
                          使いやすく、料理に、菓子づくりに、コーヒー
                           に、万能なコクな奴。 家庭のお砂糖。
   (1kgより15%引きとなります。)
                                                    ひ
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-27 18:02 | 喜界島の粗糖 | Comments(2)

 会津若松の平出油屋。ここでのゴマ油は、薬品や酸化防止剤など一切使用せずに昔からの「玉締め圧搾法」よって搾油し、手すき和紙を筒状に使って、ゆっくり時間をかけてろ過しただけの出来る限り自然でかつ安全な作り方によってできています。
 玉締め圧搾機とは上に半円の鉄球、下の半円にくぼんだ部分に、人毛マット(今では作るとこが無く、カツラ屋さんに作ってもらっている。このマットは、搾られた油はにじみ出て、カスは残るというろ過装置。)を置き、その中に蒸して息抜きしたゴマを入れた後、油圧で下の部分を上げて鉄球にかませることで圧をかけて絞ってゆく。
 一般のほとんどのゴマ油は、超大型の機械で高圧をかけて搾るため、どうしても摩擦熱が発生し、ゴマが焦げ、苦味などが出ます。玉締めは、高圧力に比べて時間も手間のかかりますが、熱による変化が起きず、ゴマの風味、味をそのまま生かすことができます。
 高圧で搾られた油は、圧搾直後は高温で触れませんが、玉締め法では直後にふれても、ぬるいと感じる程度。
 平出さんのゴマを炒る機械も、昔ながらのベルト駆動で、熱源は薪。一度に炒ることのできる量は約23キロ。完成品の油は4升(7.2ℓ)から6升(10.8ℓ)とわずか。
 その一滴に重みのある油、通常ゴマ油と食べ比べるとさっぱりしてホントにゴマがそのまま液体になったという風味、味。一方、一般のゴマ油の香ばしく感じていた風味が比べることで焦げ臭として強く感じたのも驚きでした。
b0118191_18341669.jpg

 温度を上げずに絞られるこのゴマ油。加熱はもちろんですが、温度を上げずに食べる、生食をすすめます。炒めものに最後にさっとかけたり、やっこに醤油とこれをかけたり、ゆでた野菜にかけてナムルにしたりとまずはそのまま味わう料理でよろしくお願いします。
 ゴマ油が大好きです。

            玉締め ゴマ油     100g 230円
    
    (原材料のゴマは、ナイジェリア産無農薬の白ゴマを使用しています)

 コタンでは量り売りをしています。 容器をお持ちいただければ入れれます。なおお持ちでない方のために用意もしております。(有料80円)
                                                  ひ
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-26 18:41 | 玉締め ごま油 | Comments(0)

 ハチミツ。日本のハチミツ。日本では、純粋なハチミツのほかに、脱色、脱香、さらにビタミン、ミネラルなどの栄養成分を除去した「精製ハチミツ」。トウモロコシから採ったコーンスターチ(デンプン)からつくった異性化糖が純粋ハチミツに混入された「加糖ハチミツ」などが、純粋ハチミツとして多く売られていましたが。 現在では表示法の改正により、これらのモノに「純粋」と表記できなくなっています。
 しかし、純粋ハチミツの中でも作り方はいろいろあって、大量生産のために、まだ水分を多く含むミツを取り出し、減圧濃縮釜などで加熱加工されているものなどが多くあります。
 ハチミツとは、まず外勤の働き蜂が花から吸い取ったミツを胃袋に貯めて持ち帰り、巣で待つ内勤の働き蜂の胃袋に口移しで移されます。つまり、集められた花蜜は働き蜂の体内を2回通過します。そのプロセスの中で化学変化してできたハチミツを巣箱の六角形の巣房に押し込んでいきます。それだけでは、水分が70パーセントもあって貯蔵に適さないため、若い働き蜂が羽根ブンブンで風をおこし、水分を蒸発。水分が20パーセントほどの高純度のハチミツにします。そして、そのハチミツの吸水を防ぐため、体内から蠟(ろう)を分泌させて巣房を密封します。そのフタを取り、遠心力を使ってミツを出し、ろ過しただけのもの。それが純粋な超自然食品、ハチミツです。
b0118191_15561563.jpg

 今回紹介するうっずんは、学生の時は美術大学でパフォーマンスを主として活動していました。そうしている中で、作品制作中のゴミや作品発表後に無用なものになり果てていくモノ、そして美術という枠組みの中だけで消費されていく日常の行為に対して、「美しい事をするためにやってんのにこんなんなんか違う。」と矛盾を感じはじめたその頃、ある場所で純粋なハチミツをふと口に入れた。    「うんまーーーい!」パッカーーーーーん。
 はじめの出会いも感動的だったが、知れば知るほど、ハチミツって黄金色をしていて、しかもこの世で最も美しいもののひとつの花から採れて、しかも捨てるとこなんて何もなくて、しかも・・・・・・。 と、ずぶずぶにハチミツに惹かれ、在学中に養蜂家宣言。卒業と同時に養蜂家の道へと入った。
 無駄のない美しい行為の中にいたいという思いの形として養蜂があり、その地道な生き方自体がパフォーマンスとなる。表向きはハチミツのいち生産者であるけれど、行為の意味としては美学の追求。
 自分も、人が自然の一部として無理なく存在していくためには、純粋な美しさというものを感じ続けていくことがその方法の一つだと思います。
 うっずんの美しきの結晶、純粋ハチミツです!
b0118191_1924188.jpg

         コタンでは、現在3種類扱っています。

   百花蜜  100g 260円      絶品!花の香りが素晴らしい、蜜に誘われ遠く
                        からのお客さんも多いです。間違いなし!!

 そばがらす蜜 100g 260円    そばの花の蜜。鉄分豊富で女性は喜。少し癖の
                        ある濃厚な味。好きになったらやめられない。

  れんげ蜜   100g 480円    ご存じ高級ハチミツ。透明感のあるその色、
                        上品な味、香りはみんなのあこがれ。

 コタンでは量り売りをしています。 容器をお持ちいただければ入れれます。なおお持ちでない方のために用意もしております。(有料80円)
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-25 19:42 | 国産 純粋はちみつ | Comments(0)

 ちょうど今ぐらいの季節でした。鳴門のナマステゲストハウスのご主人、まこっちゃんの紹介で、40年わかめを育てている福池常夫さんに会いに行きました。 
 ここ渦潮は、日本列島においての受け入れ口。富士山が男性的極磁場ならここは女性的極磁場。牛窓が日本のエーゲ海なら、鳴門は日本のモロッコか?!
b0118191_14375727.jpg

 そんな女性的な豪快さの渦潮、その近く、もっとも潮のきつい場所でわかめを育てている福池さん。 ちょうど訪ねた時がその年最初のわかめ収穫の日。 船でそばの入江に運び、すぐに海水の熱湯でゆがきます。 湯に入ったわかめはあっという間に鮮やかな緑色に変色します。ファーっと。見てると目の焦点のおさまりどころにマゴマゴもします。
 そうして茹でられたわかめは、洗い、その場で塩蔵(塩づけ)にしてゆきます。
b0118191_14384197.jpg

茹でた海水や洗う海水もそのまま海に帰るし、その場で塩蔵するとこまでやってしまうその野外の作業場はやはり無駄なしでした。
 帰り際に、ゆがく前の生わかめをごそっと海男盛りで頂き、まこっちゃんの「わかめしゃぶしゃぶうまいんよ」のナビゲーションに従い、岡山に持ち帰りしゃぶしゃぶしました。 んまかったよ。           謎なし!
b0118191_14392598.jpg


        コタンでは、福池さんのわかめを部分ごとに3種類扱っています。

塩蔵  わかめ (葉)  100g 170円    さっと塩抜きでき、サラダ、味噌汁に。
                            油炒めてもよし。それを卵でとじるのも自由

      本芯 (茎)   100g 50円   コリコリおいしい茎の部分。煮物にするのに
                           ナイスです。好きな人はすごく好きなコリコリ。

    メカブ (芽)   100g 130円   塩抜きした後、刻んで熱湯をさっとかけ、かき
                           混ぜるとトロトロ。酢醤油などで味付けして、
 (すべて1kgより15%引きになります。) いざ熱々のご飯へ。

b0118191_1521869.jpg



ナマステゲストハウスの受け入れ口              ノーザン
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-24 15:13 | 鳴門 わかめ | Comments(0)

岡山駅西口 奉還町のオルガホール裏にあるパンを焼いてるCAFE 「ザ マーケット」。
 毎日早朝から焼かれる天然酵母パン。通りにパンの匂いがこぼれ、オープンの11時から次々とパンが並び始めます。
b0118191_17322685.jpg

 自分がココのパンを初めて食べたのが、5年前の京都。京都に滞在してたその場所に岡山からの滞在者がこのパンを連れてやって来た。そこは全国から手作りの気の入ったパンがよく届いていました。その中でもこのパン、食べた瞬間からその力強い味に圧倒され、最も印象に残ったパンでした。あまりに印象深かったので普段メモを取らない自分がなにかのノートの片隅に「岡山駅西口 The MARKET」と書きなぐっていました。
 その後、瀬戸内海の島で働くことになり、その休日に、そういえばと思いだし岡山のココに訪れたのが縁で働かせてもらうこととなり、あれよあれよという間に気づくとThe MARKETの向いで「コタン」という看板を掲げて無農薬の野菜を売るお兄ちゃんになっていました。
          自分にとっては未来の方向に影響したこの味との出会い。
 いまでも5年前と変わらないパンが焼きあがっています。そしてその時と同じように「やっぱ美味しいなあ」と度々心に入るパン。
  なにもかもがより新しいものへ、より便利なものへと目まぐるしく変化するこの時代。
 「変わらないこと」の豊かさを持ったパンが、5年前のもっと前から毎朝変わらず静かに焼きあがっています。
b0118191_17324487.jpg

     国産の南部小麦、ライ麦、全粒粉。
     有機栽培されたレーズン、ウォルナッツ、干しイチジク・・・。
     フランスから持ち帰った小麦から酵母をおこし、岡山で5年以上かけ継いでいる
     フランス生まれ岡山育ちのThe MARKETの天然酵母。
     そして毎日パンを焼く新居さん。


                パンは幸せ。    変わらない。


  コタンには、月、水、金の昼過ぎに、TheMARKETのパンとスイーツが届いています。
                   
     全粒プレーン       450円     ライ麦クルミ    850円           
     シリアルパン       450円     いちじくパン    450円
     フルーツシリアル    850円      
                   (いちじくパン以外ハーフサイズにカットできます。)
   
                                                    ひ  
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-21 18:40 | The MARKET 天然酵母パン | Comments(5)

2008年1月20日 雪です、今日はさすがにコタンの自動ドアもマジメに使いました。。。

b0118191_20115271.jpg
最近じわりジワリと人気が出てきた“あした葉”ソース
サラっと言うと和風ジェノベーゼ
明日葉を使ったソースで、にんにくやお塩がもう入ってます
使い方は簡単、茹で上がったパスタにさっと絡めればそれでO.K
他にもパンに塗ってトーストしたり、炒め物に使ったり何にでも使えます
スタッフの中では完全に定番化しました、それだけ生活の中に入ってきやすいんです。

どうしても輸入物は流行りで終わってしまうけど、あしたばソースは思い出した頃に普通に使いたくなる、味です。。。



b0118191_20203529.jpg
あと同じ伊豆で作ってるアーモンドバターも入りました
今の季節パンがホントにおいしいですね、ちょっとハード系のライ麦パンとかに合わせると絶品です
昨日お家へ買って帰って今日の朝食で早速頂きましたが、香ばしいアーモンドの香がたまりませんでした、ドレッシングにも使えそうな味です。。。



              美味
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-20 21:00 | あした葉ソース アーモンドバタ | Comments(0)

    すみません、前3回分の記事でコメントの投稿が出来ない様になっていました、

    せっかく投稿して頂いていた方、大変申し訳ありませんでした。

    今後ともアナログこたんをよろしくお願いします。。。

     

    
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-19 12:00 | コタンの伝言 | Comments(0)

 
b0118191_16451224.jpg

 ああ・・山本さんと出会うまでは、卵はぷっくりして濃い黄色をしているいかにも濃厚そうな卵が栄養豊富でおいしいんだろうと漠然と思っていました。しかし、少しずつ卵の作られる状況が知っていくと、見た目を黄色くするためにパプリカなどの天然着色料を飼料に加えたり、ヨード成分を高くするためにそれを飼料に添加したりと世の中の「おいしそー」に叶うよういろいろ操作されていることを知る。その鶏のほとんどが大型の鶏舎の狭いゲージの中で飼われ、産卵率が悪くなれば、早い期間で選手交代というか、部品交換というテンションで扱われています。
 飼料をとってみても、ポストハーベスト農薬(収穫後に品質を維持するために散布される殺虫剤や殺菌剤)のたっぷりかかった外国産トウモロコシを主食としています。
     
       山本さんは、生産者の立場からポストハーベストについて考えます。
 ①卵は穀物を7倍に濃縮してできる。
 ②水俣病やカネミ油症で、水銀やPCBといった毒は子宮に蓄えられ、胎児がもっとも重い被害にあった。
 ③母親は自ら摂取した食物を濃縮して母乳にし、赤ん坊を養う。このことで、母親の食べたものによってアレルギーを起こす乳児が後を絶たない。

 以上のことを考え合わせ、母とお腹の子を鶏と卵に置き換えると、科学者でなくともポストハーベストは危ないという結論を出さざるを得ないと山本さん。
b0118191_1646580.jpg

               「健康な鶏こそ、健康な卵を産む」
 山本さんは、この理念のもと、鶏の健康のために1坪あたり6〰7羽程度の広さを確保。土、空気、日光を自由に浴びる環境を鶏に保証し、県内産の大麦を中心に、県内産米ぬか、天然にがり使用のおからなど低タンパクで低カロリーのものを飼料として与えています。収穫後の卵の汚れはたわしとナイフで落とし、水や洗剤を使って卵を洗いません。卵殻の表面にはクラチカ層という透明な膜があり、洗卵するとその膜が剝がれて雑菌が入り日持ちが悪くなるばかりか、洗剤も卵の中に入り込んでしまうからです。
b0118191_16541096.jpg

 いかにたくさんの卵を産ませるかというような人間本位の鶏との関係ではなく、鶏の自然な要望に応え、鶏たちが健康に生きていく中で生んでくれるその卵を、恵みとしていただくという気持ち。その上に立って、日々、鶏たちと付き合っている。

     コタンでも長くファンの多い山本さんの卵。とにかく元気で美味しいんです。
コタンが野外のお祭りで出すこの卵を使った卵かけごはんは毎回自分らも楽しみなごちそう。
「子供がほかの卵を食べなくなって」というお母さんがお客さんの中に何人もいるほど、味に敏感な子供はあっという間に卵の匂いに気づくのでしょう。
 山本さんの卵は、トウモロコシ(ポストハーベスト不使用)の使用は国産麦の不足時のみに留め、着色料を使用しませんので黄身の色はレモン色の薄めであることをご了承ください。

               継地寮  山本さんの自然卵  一個 50円

保存は、サルモネラ菌対策のため、冷蔵庫で卵の尖った方を下にして保存してください。夏場で2週間、冬場なら3~4週間が生食の目安です。それ以降も十分火を通して頂ければ(60℃で3分以上)食べられます。
b0118191_17265298.jpg

          「わが子に胸を張って食べさせられるものを生産する。」
[PR]

by okayama_cotan | 2008-01-18 17:38 | 山本さんの自然卵 | Comments(2)