岡山熊山のふもとで、火元を薪のみで暮らす、しんちゃん、おはるちゃん、みるあ、はーとくんのパイポン一家。

 おはるちゃんが、パイポン畑でとれた無農薬の丹波黒豆などをつかったりして、薪の火でお菓子を作っています。

       熱の入れ方というのは、食べ物の生命力やおいしさに大きくかかわっています。

 「電子レンジの害」にもつながる熱の入れ方、温め方の違い。今度詳しく書きたいと思います。
b0118191_11492589.jpg

       黒豆スコーン、甘酒スコーン、お豆ケーキ、酒粕クラッカー、黒豆きな粉クッキー。


                 パイポン畑ブログ  http://paipon.exblog.jp/ 
[PR]

by okayama_cotan | 2011-02-19 11:51 | パイポン畑 | Comments(0)

b0118191_19263758.jpg
          岡山熊山までお米や野菜を作っているパイポン家族。

   住まいの心臓部、薪ストーブでつくる気の入ったスイーツがコタンに並んでいます。

    薪の火が入ったそれは電気の気ともガスの気とも違う形。分子。粒子。光子。
b0118191_1926753.jpg

     畑で採れた黒豆にきな粉を何重にもコーティングした「オハル豆」。
     使っている甘味はてんさい糖。きな粉のほかにココナッツもあります。
                  お茶うけまくります。

      国産小麦に畑で採れたパイポンカボチャやニンジン、ゆずなどを使った
                    「パイポンクッキー」 
   
  原材料の3分の1がかぼちゃ。おいしさ宇宙旅行の「パイポンスコーン かぼちゃ」。
             ルッコラのスコーンもスコブルおいしかった。 

 その季節の作物でつくるパイポンスイーツ。毎回種類がちがって面白い。作った時にコタンに持ってきてくれています。
         
        コタンにきてパイポンスイーツがあったら、それはラッキー。


           パイポンブログ http://paipon.exblog.jp/ 
[PR]

by okayama_cotan | 2009-01-21 19:25 | パイポン畑 | Comments(0)