新しく入荷した白ワインのご紹介。
先日、仕入先のラシーヌさんの試飲会。集まった90本以上のワインの中で、コタンで扱える手頃な値段の自然派の中で、印象に残り、3度口に運んだこのスペインの白ワイン。このワインは、樽ではなく、古代仕込みでアンフォラと呼ばれる陶器の壺に仕込み、発酵熟成させたワイン。ありがちな酸の低いベタッとした感じはなく酸も効いて、香り味バランスが取れ美味しいです。ポテっとしたボトルの形もかわいいですね。ぜひお試しください。ノンフィルター、亜硫酸塩無添加。
b0118191_20162988.jpg

ティナハス・デ・ラ・マタ(白) ベルナベ・ナヴァーロ 2808円

この醸造所を詳しくは、以下。

 歴史:ベルナベ・ナヴァーロ醸造所は2000年から、自作したブドウでもって、
    かつて作られていたスタイルのワインを造りはじめました。
    そのコンセプトのもと、2010年から
    “Viñedos Culturales(ヴィニャド・クルトラレス) ”という新シリーズの
    ワインが創りだされました。それは自分達の土地の文化や伝統を
    再発見しようという主旨によるものです。
    私たちの所有しているブドウ畑は独特でとても古いものです。
    なかには、自然保護区であり海抜ゼロメーターに位置する
    “Mata(ラ・マタ)自然公園”にも指定されている場所や、
    海から数キロ離れた海抜700メートルのVillena(ヴィエナ)村の中にある、
    Finca Usaldon(フィンカ・ウザルドン)と名付けられた畑もあります。

 醸造所のコンセプト(哲学):私たちのベルナベ・ナヴァーロ醸造所は、
               土地が与えてくれる恵みを享受し、
               その土地に回帰することを目指しています。
               その願いをワインの中に込めるということは、
               次のようなことだと考えています
               ― すなわち土地、空、テロワール、文化、
               土地に根差した人々、かつて作られたワイン、
               既に失われてしまった耕作放棄地、
               忘れ去られた小規模生産者、
               醸造家たちの技までも反映する、
               ワインを取り囲む全てを『遺産』とし、
               畏敬の念を抱きながら、ワイン作りに
               携わっていくということです。
               それがつまりは、『自然回帰』ということなのです。
 土壌:石や砂利に覆われた石灰質土壌。除草剤、化学肥料などは使わず、
    有機農法を用いています。地質学上で言うと、有機物の少ない花崗岩に
    由来する土壌です。
 醸造:自然酵母により醗酵。ほとんど人工的な手を加えることなく、
    自然な作りを目指しています。造り手は黒子のように酵母を活性化する環境を
    整える手助けだけをし、ワインを動かさず、酸化防止剤を加えるのを極力抑え、
    濾過をせずにビン詰めしています。
 熟成:ワインのタイプにより陶器、樽、
    ステンレスタンクでもって異なる期間、熟成を図ります。
      訪問すると有機栽培の手本というべき畑を見渡せる庭に迎えられ、
      自家製オリーヴと良く合うTsipouro(チプロ)と呼ばれるローカルな
      飲み物がごちそうされるでしょう。

自然食コタン
[PR]

by Okayama_cotan | 2014-10-31 20:00 | 自然派ワイン | Comments(0)

b0118191_8213735.jpg


おそるべしワイン。
酒は日本酒、焼酎、泡盛が日本の心。そんななか出会った寺田本家の酒が身体にうますぎて、コタンで扱い始めた2年前。
それから自然派ワインの店プレヴナンとのイベントやマーケットのパンを扱ってもらっている縁の中、コタンでも美味しい食材にワインを選べるようにと扱いを決め、ワインの本をワインを読み飲み時代到来。
コタンとしては地産地消、フードマイレージなど考えると国産ワインという選択が妥当だが、本場を知らずして何も始まらない。
ということで、フランスロワール地方のヴァンナチュールのワインを中心によく飲んだ。
すごいね自然派ワイン。知れば知るほどほとんどノーマークだったワインの世界にズブズブズブ。
日本酒やビールは加水するけど、ワインはぶどう果汁だけ。だから土地によって違う味、畑が違うだけでそれが味に強く影響する。テロワール(環境の味)という表現はまさにワインの特徴と言える。
ぶどうの栽培方法においても、ビオディナミ(バイオダイナミック農法ー月の満ち欠けや宇宙の摂理に合わせて栽培する方法)を実践する農家も多く、認証などにとらわれずストイックに我が道をゆく農家、醸造家がたくさんいる。
ヴァンナチュール自然派ワインに括られるワインというお酒は土にすごく近い、地球を飲むような農産物である。
もちろんブルゴーニュなどの自然派と唱っていない高級名門ワインも調べると栽培方法はめちゃストイックなビオディナミであったり、商業的に売り出すためにビオワインと認証でしっかり唱っているだけの首を傾げるものも多くある。
コタンで扱う4,5種類のワインは日常的にも飲みやすい価格でありながら、しっかりナチュラルな物語を体験できるもの(体験したもの)をおいています。
ながくなりましたが、どうか記念日でも、思いつきでも「今日はワイン」と手にとって見てください。

ドメーヌ・ル・クロシェの赤「ゴルジュセッシュ」これからの熱い季節さっぱりと飲みやすく、でも1杯でも満足するしっかりとした風味にマジ感動しました。
同生産者の白イル・ソワフも同様、ノンフィルターでナチュラルな味わいがストーリー。こちらあと5本だけ。輸入元にもないので、しばらくお目にかかれません。
さっと気軽に楽しむならイタリア産白ソアベ。毎日のテーブルワインに間違いなし!うまいしナイスプライス!
そしてカリスマ、クロード・クルトワの赤ラシーヌ。半自給生活をするクルトワ言葉「わたしは醸造家である前に農夫でありたい」ビオディナミ!奇跡のワインと言われる個性的なワイン。

ワインとともに映画のような物語を!


※自然派ワインはコタン岡大前店のみでの販売となります。


  自然食コタン
[PR]

by Okayama_cotan | 2014-06-07 08:21 | 自然派ワイン | Comments(0)

コタンにはいろんなオーガニック自然な食材が並んでいます。それら食材と「今日はワインが飲みたいなあ」とふと思ったときにも手軽にテーブルに迎えれる自然派ワイン(ビオワイン)の取り扱いが始まりました。
b0118191_1417538.jpg

自然派ワインは、コタンが扱う野菜や食材同様、一般的に使われる添加物の使用を極力控え、(中には無添加)、人工的なコントロールをなるだけしない製造方で生産されています。

コタンから感じるワインについての詳しい洞察は、またの機会にどっぷり記事にしたいと思います。

今回入荷したのは以下の3本

「ソアーベ・ボルゴレット(白)」 生産者 ファゾーリ・ジーノ (イタリア、ヴェネト) 
 750ml 1944円
すっきりしてのみやすいが、花のような香り、しっかりした酸味、ミネラル感など非常にバランスのよい白ワイン、価格的にもテーブルワインとして日常的に飲みたい、飲みすぎる1本。

「リュー・ド・ラ・ソワフ(白)」ソーヴィニヨンブラン  生産者 ドメーヌ・ル・クロシェ (フランス、ロワール)
 750ml 2592円
古いバリック(樽)で仕込み、無ろ過のため、少しにごりのある白ワイン。フルーツのような香りと、まさに自然派といったさまざまな風味が感じられる楽しい味わい。

「ラシーヌ(赤)」  生産者 クロード・クルトワ (フランス、ロワール)
 750ml 3564円
 クロードクルトワは、牛、豚、馬、鶏、羊などを育てながら、ビオディナミですばらしいワインを造っている。奇跡のワインと呼ばれ、フランスで熱狂的な信奉者が増えているクルトワ父子のワイン。極端なまでの低収量で究極ともいえるビオワイン。すべてオリジナルで、深いエキスをとじこめたユニークそのもののワインを造る。
 クルトワ氏は「環境の調和が完全にとれていれば、収穫の時期に雨が降っても腐敗果の心配もなく、すばらしいワインを作ることができる。ビオディナミといっても、よその畑の草や堆肥を持ってきたら環境が壊れる。だから私は、醸造家であるよりも農夫であり続けたい。」と語っている。
 ぜひ、この気持ちのこもって生命力あふれるぶどう酒を味わってみてください。

自然食コタン

[PR]

by Okayama_cotan | 2014-04-20 14:18 | 自然派ワイン | Comments(0)