「ほっ」と。キャンペーン

    車麩の本場!産地 新潟からマルゴー吉田製麩店の車麩 「焼麩」 です。

 すき焼き。おでん。鍋。味噌汁の具。ニシン、タケノコらとの煮物など、使い方はたくさんありますが、自分も大好物のおススメは、「車麩のカツ」です。
 動物性食品をなるだけとらない食事を意識したことのある人なら、きっと出会ったことのある菜食メインの王道です。
 「そのジューシーさはまるでお肉っ!!」というのが謳い文句の満足するおかず。

作り方の一つの見本としては、

     1 車麩はたっぷりのだし汁に30分以上つけておく。
     2 手で挟んで水分をしぼり、普通のフライと同様薄力粉⇒溶き卵⇒パン粉の順
       につけて高温でカラッとあげる。

        ※菜食の場合は溶き卵の代わりに水と塩(少々)で小麦粉を溶くとよい。

 このほかにも、車麩をだし汁でじっくり煮てから冷まし、水気を切り衣をつけて揚げる。など、人によっていろいろなやり方をしています。
 以前、残ったトマトのパスタソースを車麩に吸わせて、衣つけ揚げたものにリコッタチーズをのせて食べたのが思い出グルメ味年鑑2007に登録されています。
 チーズをのせてしまうと、菜食のメインという枠からはみ出しますが、「車麩のカツ」自体のおいしさは菜食メニューという枠からはみ出しています!! 

 お家でまだやったことのない方、メインおかずのレギュラーメンバーになる逸材です。
b0118191_1351210.jpg


    車麩上白焼き   「焼麩」 11枚入り   580円(税込)  

                「車麩ミニ」 70g    290円(税込)
[PR]

by okayama_cotan | 2008-02-10 13:14 | 車麩(くるまふ) | Comments(0)