「ほっ」と。キャンペーン

 なめたけ開発元祖!! 長野の小林農園。 商品名「なめ茸」は、小林農園が昭和36年に野生原種菌えのき茸で高級佃煮を開発したことに始まります。
 野生種えのき茸は、もやし栽培による白いえのき茸に比較して、味が濃厚で特有のぬめりや甘みが多く、歯ごたえと天然の風味があります。
      
    見た目も男前の 「野生種 なめたけ」。 炊き立てご飯に男前にのせます。

 コタンではこのほか、    通常の白いえのき茸(長野県産無農薬)を使用した
                        「元祖の本造り なめ茸」
 
                  信州産えのき茸(無農薬)に良質の甘口唐辛子をたっぷり
                  加えた、上品でまろやかな辛みが自慢の
                        「元祖の本辛なめ茸」
  
                         を取り扱っています。
b0118191_19453525.jpg

 「元祖の野生種なめ茸」  200g  473円(税込) 
    原材料    野生種えのき茸(信州産)、国産丸大豆醤油、麦芽水飴、本みりん、
               天日海塩、昆布エキス、酵母エキス、米酢
       
 「元祖の本造りなめ茸」  200g  368円(税込)
    原材料    えのき茸(信州産)、国産丸大豆醤油、麦芽水飴、本みりん、
               天日海塩、昆布エキス、酵母エキス、米酢

 「元祖の本辛なめ茸」   200g  368円(税込)
    原材料    えのき茸(信州産)、唐辛子、国産丸大豆醤油、麦芽水飴、
             本みりん、天日海塩、昆布エキス、酵母エキス、米酢
[PR]

by okayama_cotan | 2008-02-07 20:00 | 野生種 なめたけ | Comments(0)