輸入に押され、菜種の自給率は0.04%。 少しでも生産者を守ろうと、揚げ物やいためもの用ではなく、生で味わう風味豊かな菜種油作りが始まっている。
 下北半島の付け根、陸奥湾に面した青森県横浜町。ここで菜種が栽培されていて、5月半ばに菜の花が咲き、7月に収穫期を迎える。

 ここの菜種を原料にNPO法人「菜の花トラストin横浜町」が作っているのが「御なたね油」。黄金色でナッツのような香りと甘みがある。

 種を天日干しして、焙煎せずに搾る。約1週間静かに置いて不純物を沈め、上澄みだけを精油機にかけ、何度もろ紙でこす。すべて手作業。

 焙煎せずに搾ったなたね油を食べたのは、これが初めて。エキストラバージンオリーブオイルのよう。それにナッツの風味が香ばしい。

      新鮮なオリーブオイルをよく使う人にはぜひお勧めの品です。美味、間違いなし。
b0118191_18323539.jpg

                御なたね油  ミニボトル90g   840円

                       ロングボトル185g  1575円
b0118191_18345234.jpg


 新鮮すぎて、冷蔵保存。新鮮すぎて賞味は1カ月。そのフレッシュ感に、なんにでもかけてしまいます。

       御なたね油 ガーリックオイル   小45g   525円

                            大185g  1995円

                パンにサラダに、パスタに、豆腐に・・・


 
[PR]

by okayama_cotan | 2010-03-13 18:43 | 新鮮!!御なたね油 | Comments(0)