“ちいさなたび”から始まる光の未来”
         
~先住民の暮らしに学ぶ原発に頼らない自然に即した暮らし方~

   ~内容~
・震災後の今を知る。
・震災後に訪問したホピ政府との交流についてなど
 
場所:かるらのくつろぎ空間   岡山市北区京橋町10-13
 
時間:18:00~19:30
 
参加費:500円


☆当日は、ハーブティー、ワンコインスチベジライスもご用意しております☆

◎お子様連れも大歓迎!お気軽にお越しください。


************************
ホピ;アメリカ南西部先住民
”平和で満ち足りた人々”という意味の部族名をもつ彼等は、グレート・スピリットの教えに従ってその道を行く人々である。

~ゲスト~
ゆんた美樹子(spaceship仙台ゆんた)
1973年生。自然育児コンサルタント。シュタイナー幼児教育者。
福島第一原発近くの森暮らしの経験などから、原発に頼らない自然に即した暮らし、先住民の暮らしに学ぶ活動も行い、震災後はアメリカ南西部先住民ホピ族政府を訪問/交流したり、福島など高線量地域に住む乳幼児母子の週末保養プロジェクトを行っている。
 仙台市保育士として保育所や児童相談所で7年間勤務後、シュタイナー幼児教育を学び、2006年より自宅を開放したコミュニケーションスペース「spaceship仙台ゆんた」にて、各年齢ごとの親子育児クラスと、ちいさな保育の場「虹のこども園」を主宰。
 子どもたちをありのままに、健やかに育てることが困難な現代において、自然育児に光を見いだす母親と子どもたちのための育児サポートを行っている。京都、福島、岩手などでシュタイナー育児講座やワークショップを開催。
 音楽と旅と平和を愛し、シュタイナー教育には、人間の本質的な「魂の自由」を一番大切にしている在り方に魅力を感じている。

 母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJapan 
ホピJAPAN 代表
[PR]

by okayama_cotan | 2012-08-20 23:02 | コタンの伝言 | Comments(0)

<< 奉還町TheMARKET 改装...    2012年 たねの森 秋まき種... >>